Sitemap - SOONCHUNHYANG UNIVERSITY HOSPITAL CHEONAN

사이트맵 닫기

病院紹介

  • 概要
  • 病院長からのご挨拶
  • 沿革
  • SCH Network

病院紹介 > 概要

概要

Welcome to the INTERNATIONAL CLINIC of Soon Chun Hyang University Hospital

忠南のメイン都市でありワールドベスト都市として成長中の天安市に位置する天安病院は教育、研究、診療など全ての機能面で最上級の実力を備えた国土中部圏の代表医療機関である。   天安病院は1979年5月4日に設立許可を受け、1982年7月7日、医療不毛地帯だった忠南地域唯一の総合病院(14診療科、150病床)としてその第一歩を踏み出し、開院以来、目を見張る成長と発展を続けてきた。   現在24の診療科に736病床が運営されており、国内外から高い医学レベルを公認された130人の優秀な教授陣をはじめとして、人間愛精神を鼓吹する約1300人の教職員が勤務している。   OCS、PACSなど最新のデジタル医療環境を備え、トモセラピーとサイバーナイフ機能を全て備えた放射線治療器 ノバリスTxをはじめとし、全身癌診断器であるPET-CT、MRI 2台、CT 2台、血管撮影器2台、単一光子断層撮影器のSPECTなど、最新の医療機器を全て保有することで、韓国最高を超え世界最高レベルの診療機能を構築している。   高効率の最新診療システムをもとに天安病院教授陣は各種高難度の施術を完璧にマスターすることで患者から無限の信頼を得ており、政府からは各種高難度治療及び施術に長けた病院として指定されている。   生命を守る優れた診療活動だけではなく、天安病院は人間愛を実践する教育機関としての崇高な使命感を鼓吹する真の医療人の養成も忠実に行っている。医科大学(医学科、看護学科)生の教育においては、専攻の教育、医療技師、地域開院医の診療レベルの向上のための各種補修教育に至るまで、多様な医学教育を遂行することで国内外医療人が注目する総合医学教育機関としても認められている。   院内に臨床医学研究所を別途に設置・運営し、研究費支援制度、教授が専門分野で最新医学知識を習得するための長短期海外留学制度の運営など良質の研究基盤を備えており、天安病院教授陣の研究に対する情熱は熱い。豊富な臨床経験に合わせた独特な研究風土は、天安病院の新しい施術法と傑出した研究業績を産み出している。一年を通して研究室の窓に灯りのともる天安病院は国内の主要医学研究機関としても注目されている。 内実共に天安病院が地域住民に信頼を得ているのは、あたたかい病院の雰囲気にあわせ、地域社会の保健増進と発展への寄与度が高いためである。天安病院教職員は自発的な参与のもとで各種医療支援、無料診療、訪問健康教育などのサービスが地域内隅々まで行きわたり、地域住民から大きな支持を得ている。    天安病院は高い医学レベルと地域社会の寄与度を認められ、1999年1月付で3次医療機関(総合専門療養機関)に昇格した。一段階レベルの高い医療サービスを提供できるようになり、その後も絶え間ない努力により2007年医療機関評価及び2008年の3次医療機関審査では最高点数で再信任を受け、2010年からは癌センターを建設し運営することで名実共に最優秀医療機関となった。   設立理念の「人間愛」を忠実に実践することで、真の医療人と医療機関の典型として成長した天安病院の約1300人の教職員は、現在、一致団結して顧客感動プロジェクトを展開中で、「輝かしい100年の歴史を立てる」ために余念がない。